ナルのああなるほど

日々の発見とお役立ち

*

長期旅行 郵便や宅配便は? 長期不在でポストが一杯を防ぐには

      2016/01/13

ポスト

年末年始、ゴールデンウィーク、そして夏休みなど、
帰省や旅行で家族みんなが長期間家を留守にするときに困るのが、
その間に届く郵便物や荷物です。

不在期間の長さや、普段からのお届け物の量にもよりますが、
1週間ぐらい留守にする場合は、
いろいろ対策を打っておいたほうがよさそうです。

スポンサードリンク

長期旅行 郵便を止めるにはどうしたらいい?

留守中にゆうパックが届いた場合、
配達郵便局で保管されるのは7日間。
それを過ぎた場合は、差出人に返送されます。

旅行中に届く郵便物を、
あらかじめ不在届を出すことで、
郵便局で取り置きしてもらうことができます。

ただし、不在となる期間は最長30日までとなっています。

不在届を出すのは、配達局でなくても、お住いの近くの郵便局でも大丈夫。

郵便局に行って不在届という用紙をもらって、
必要事項を記入して、その場で提出すればオーケーです。

記入する項目は、住所・氏名・電話番号と、不在の期間。
印鑑を押すところがありますので、認印を持っていくのをお忘れなく。

そして、本人確認ができるものとして運転免許証、健康保険証などの提出も求められます。

また、日本郵便のホームページでも、
不在届がPDF形式でダウンロードできるようになっていますので、
そちらをプリントアウトして必要事項記入し、提出しても大丈夫です。

これで、普通郵便から小包、ゆうパックにいたるまで、
郵便物は留め置きしてもらうことができ、安心ですね。

留め置き後は、翌営業日に郵便受けに、または、入らなければ手渡しで配達されます。

では30日を超える日数で留守にする場合はどうしたらいいでしょうか。

一番確実な方法は、転居届を郵便局に出し、
ご実家など、信頼のおけるところに転送してもらうようにするのがいいと思います。

また、ご実家や親類がそんなに遠くないところに住んでいて、
ちょくちょく郵便受けの確認に来てもらえるようであれば、
お土産を少し奮発して、
お願いしてみるという方法もありますね。

留守中何が届くかというのは、あらかじめわからないことがほとんどですので、
ご近所に頼むというのは、
郵便物に関しては、やはりやめておいたほうがよさそうです。

長期旅行 宅配便はいつまで不在保管してもらえる?

ヤマト運輸や佐川急便など、
宅配業者の場合は、不在中の保管は何日ぐらいまで大丈夫でしょうか。

スポンサードリンク

例えばヤマト運輸は、
最初に配達されてから1週間が過ぎると送り主に返品されてしまいます。

クール便のようなものは、さらに日数は短くなります。
不在日を含め最大3日間は、宅急便営業所の冷蔵冷凍庫で保管されます。

冷蔵や冷凍のものはあきらめるしかないですが、
普通の荷物であれば、例えばクロネコメンバーズに登録して、
メールでお届け情報を通知してもらうというのも一つの手です。

発送時に、まずeメールで「お届け予定eメール」というお知らせが届きます。
不在の場合は、「ご不在連絡eメール」というお知らせが追加で届きます。

いずれかのメールを確認したら、
メールに記載されたURLから、お届け日時の変更を行うことができます。

(佐川急便も、同じようなメール通知サービスがあります。)

カタログやパンフレット等、昔のメール便、今はクロネコDM便で届けられますが、
これはポストに直接入るものです。

不在中、これらを保管してもらえるかどうかは、
配達担当の営業所に問い合わせをしてみましたが、
こちらはヤマトの配達の人とは別の担当となるので駄目だそうです。

長期不在 ポストがあふれないようにするには

長期不在中、ポストにはいろんなものが投函されて、
下手をするとあふれて、雨に濡れたりして大変なことになってしまいますね。

また、ポストの中が一杯だと、留守だということがわかり、
防犯上もよろしくありません。

さらに、中のものを盗まれてしまうことだってあり得ます。

新聞を取っているご家庭は、もちろん配達担当の販売所に電話をして、
配達不要の連絡をする必要があります。

その期間の新聞は、取り置きして帰宅後にまとめて配達してもらうか、
取り置き不要かが選べます。

留守中、新聞代金の集金が来る予定の場合には、
ついでにそのことも相談されるといいですね。

回覧板も、次の順番の方に迷惑がかからぬよう、
対策を立てておいたほうがいいですね。

最初に回す当番の人に、順番を最後にしてもらうなど伝えるか、
前の順番の人に不在の旨を知らせて抜かして回してもらうなど、
そこはご近所の交友関係で決めておけばいいでしょう。

もしくは、お隣さんと仲良しだったり、
同じ斑に仲良しのお宅があれば、
そこにお願いしておくのも一案ですね。

留守宅の様子をチェックしてもらったり、
チラシなどがポストで一杯にならないよう保管してもらうなど、
ご近所さんとそういったことがお願いできる関係性を
普段から持てているといいですね。

スポンサードリンク

 - 旅行