ナルのああなるほど

日々の発見とお役立ち

*

七五三 会食はどこで?誰が払う?子どもの着替えはどうする?

      2015/11/19

七五三

七五三のお祝い、参拝が終わったら、しめくくりは会食会ですね。

どういったところで七五三の食事会をやればいいのか、悩まれる方も多いと思います。

自宅でやるのか、実家でやるのか、お店を予約してやるのか……
もちろんお住いの地域によっても、ご家庭によってもさまざまでしょう。

どれが正解というのはないのですが、
これは「我が子の成長を祝う会」であることは忘れずに!

スポンサードリンク

七五三 参拝後の会食 どこでする?

参拝後の会食をご両親を招いて自宅でやるという場合、
当日お食事の準備までするのは大変でしょうから、
仕出しを頼むというのはいかがでしょうか。

自宅でお祝いの会食をやるメリットは、
お子さんが七五三の衣装を脱いでリラックスしてお食事できるという点と、
騒いでも周りに迷惑がかからず、
和やかな雰囲気でお食事ができるということでしょうか。

予算的にも、外で食べるよりは抑えることもできるでしょう。

自宅ではなく外で会食をする場合は、
例えばどういったところがあるでしょうか。

例えばホテルの中には、
写真撮影・レンタル衣装・七五三詣り後の食事なども含めたパックプランを用意しているところがあります。
予算的に問題なければ、こういったものを利用するのも便利かと思います。

あとは、「法事・慶事 承ります」といったお店を利用する方も多いですね。
個室も用意されてるし、お料理のメニューもいろいろ相談に乗ってくれると思います。

もし、おじいちゃん・おばあちゃんなどは参加されず、
お子さんとご両親のみ、家族でのお祝いでしたら、
あらたまった感じのお店ではなくても大丈夫。
お子さんが喜ぶお店に連れて行ってあげてください。

スポンサードリンク

七五三 食事代は誰が払う?

お子さんの成長を祝う七五三。
食事会の主催者は、もちろんお子さんのご両親である、お父さん、お母さんです。
おじいちゃん、おばあちゃんはゲスト、つまり招待される側になります。

同居されている場合は、また状況も違ってくるかもしれませんが、
基本は、七五三の食事代はお子さんのご両親が払うものだと私は考えます。

もし、おじいちゃん、おばあちゃんが払ってくださったとしたら、
当然のこととして受け止めるのではなく、
感謝の気持ちを表しましょう。

七五三 食事は着替えてからのほうがいいかも

七五三の会食、お子さまがもし着物を着たままでしたら、
七五三の衣装は着替えたほうが無難です。

きれいな着物を汚してしまったら大変ですし、
窮屈な着物を着ていると、おいしい食事ものどを通りません(笑)

小さな子どもは着付けだの、写真撮影だの、参拝だのと、
会食のころには、かなり疲れているはずです。

個室で会食をされる場合は、
食事前にその場でお着替えをしてあげてください。

また、レストランなど、個室でないところで会食を予定している場合は、
できたら一度自宅に戻り、着替えをしてから食事に行けるといいですね。

まとめ

いかがでしたか。
七五三の会食はこうであるべきという決まりはありませんし、
それぞれの地方、ご家庭で、とらえ方、やり方はさまざまだと思います。

ちなみに、我が家の七五三はというと、
主人の両親は遠方に住んでいるため、
隣県にいた私の両親を招いて、神社近くの懐石料理店で行いました。
個室だったので、七五三の衣装は会食前にお部屋でお着替えさせました。

もしどうしたらいいか迷われているようでしたら、
おじいちゃん、おばあちゃんに相談してみるのがいいでしょう。

スポンサードリンク

 - 七五三