ナルのああなるほど

日々の発見とお役立ち

*

年賀状の処分はリサイクルできる? 未使用と書き損じ年賀状は?

      2016/01/03

年賀状

毎年たくさんいただく年賀状、
なかなか捨てることができず、
いつのまにかたくさんたまってしまいますよね。

たくさん買いすぎて使わずにいる未使用の年賀状や、
うっかり書き間違えてしまった失敗年賀状などなど、
年賀状の処分、交換、リサイクルについてお伝えしますね。

スポンサードリンク

年賀状 なかなか処分ができない

家族全員のものを含めると、
毎年200通以上来る我が家の年賀状。

専用の年賀状ファイルに入れて整理してはいるけど、
これってずっと取っておいても二度と見ないものばかり。
少なくとも3年以上前のものは、
処分してしまってもよさそうです。

でも、思いきって処分するとなると、
住所や名前、電話番号だけでなく、メルアドまで載っている年賀状は、
プライバシーの問題とかが気になって、
そのままゴミ箱にポイとはできないものです。

家族写真付きの年賀状なんか、
なおさらです。

年賀状を捨てるなら、
シュレッダーにかけたりして、
細かくしてから捨てるようにしましょう。

ゴミをたくさん出してしまうようで心苦しいですが、
自治体によっては、
シュレッダーにかけたものは資源ごみとして回収するところもありますので、
お住いの自治体のゴミのルールをチェックしてみるといいでしょう。

年賀状のリサイクル

年賀状 リサイクル」で検索すると、
日本郵便が回収箱を設置して、
古い年賀状の回収を行っているかのように書かれているのを見かけますが、
これはかつてあった「郵政事業庁」の事業として行っていたもので、
残念ながら、現在はこのようなサービスは郵便局では行っていません。

ちなみに、日本郵便のホームページの
「回収箱を設置している郵便今日一覧」にある回収箱とは、
年賀状や使用済みはがきの回収箱ではなく、
家庭用プリンタの使用済みインクカートリッジ用の回収箱ですので、
お間違えなく!

スポンサードリンク

未使用の年賀状はどうしてる?

年賀状を大量に購入したのに、
思いもかけず身内に不幸があり、
年賀状ではなく喪中はがきを出すことになった場合、
郵便局に申し出て、所定の請求書に記入して提出すると、
無料で年賀状を通常切手や通常はがき等と交換してもらえます。

また、よぶんに買っておいて
結局出さずに済んでしまった未使用の年賀状、
毎年、何枚か出ませんか?

干支の付いた年賀はがきは、
普段は使う機会が少ないものです。

こういった未使用の年賀状は、
懸賞などに応募する際に使うという方が多いみたいですね。

私もかつてはそうでした。
しかし、最近の懸賞はネットで応募できたりするので、
なかなか消費しきれません。

郵便局では、交換手数料(1枚につき5円)を払うと、
切手や普通のゆうびんはがきに交換してもらえます。

「全然使っていない真っさらなはがきなのに手数料を払うなんて」
と思うか、
「どうせ使わないなら、切手に交換してもらったほうがお得」
と思うかは、あなた次第です!

書き損じ年賀状は郵便局へ

相手の住所や名前を書き間違えたり、
プリンターで印刷する際、上下を間違えて印刷してしまったりと、
書き間違えた年賀状というのも結構出ます。

こういった書き損じの年賀状も、
先ほどの未使用の年賀状同様、
郵便局に持っていくと、手数料5円で切手等に交換してもらえます。

おわりに

以上、年賀状の処分方法や間違ったリサイクル情報、
そして未使用・書き損じ年賀状の交換についてお伝えしました。

年賀状を購入する際は、
数を少し少なめにして、後から不足数を買い足したほうが、
面倒ではあるけど、無駄が出ないので、
我が家はこのところ、そうやって購入しています。

スポンサードリンク

 - お正月 ,