ナルのああなるほど

日々の発見とお役立ち

*

ハロウィンのインテリア 玄関とお部屋のディスプレイのコツ

      2015/11/19

ハロウィン

ハロウィンの飾り付けといえば、カボチャやオバケが代表的なものでしょうか。

玄関やお部屋のインテリアをハロウィン風にコーディネイトしたいけど、
家の中の飾り付けは、不気味で怖くなるようなものにはしたくない。
さらに欲を言えば、子どもっぽい感じではなく、しっとり大人のハロウィンを演出したい。

今回は、
お金をかけずに簡単にできる、ハロウィン風のインテリアコーディネイトのアイデアをご紹介します。

スポンサードリンク

ハロウィン インテリア コーディネートの基本

ハロウィーンといって思い浮かぶものは……

・カボチャ
・お化け
・ガイコツ
・クモ クモの巣
・コウモリ
・ネコ
・魔女

こんな感じでしょうか。

そしてハロウィンのテーマカラーは

・オレンジ
・黒

ですね。

これらを使ってお部屋をハロウィン風にアレンジしていくわけですが、
あまり力を入れすぎると、お化け屋敷みたいになってしまいます(笑)

基本は「さりげなく」飾ること。

普段飾っているものにちょっとだけ加える
普段使っているものの色をオレンジにしてみる

こんなちょっとしたことだけで、
玄関やお部屋がハロウィン風にイメージチェンジします。

ハロウィン 玄関のディスプレイ

まずは玄関の外、家の入口のところに
ハロウィンをイメージした寄せ植えを置いてみましょう。

色はダークな感じで統一し、オレンジ色が入るといいですね。

私のオススメの苗は鑑賞用のカラフルトウガラシ。

とうがらし

ヒューケラやアジュガといったカラーリーフと組み合わせると
秋色のすてきな寄せ植えになります。
ここにハロウィン用の小さなピックを挿せばハロウィン寄せ植えの出来上がりです。

スポンサードリンク

寄せ植えの鉢いっぱいに植え込まずにちょっとあけておいて、
そこに小さなカボチャを置いてもオシャレに仕上がります。

玄関のドアに手作りのハロウィンリースを飾るのはどうでしょうか。

100円ショップなどでリース台を買ってきて、
松ぼっくりや木の実をボンド・グルーガンなどで貼り付けます。
茶色・オレンジ色でまとめ上げるとハロウィンカラーになりますね。

そして、後で取り外しができるように
針金などで小さなカボチャの飾りを取り付けます。
顔のついたカボチャにすると子どもっぽくなりますので要注意!

ハロウィンが終わったらカボチャだけ取り外し、
飾り付けをクリスマスカラーにすれば、
クリスマスリースに再利用できます。

げた箱の上には、
オレンジ系のプリザーブドフラワーを飾ってはいかがですか。
多肉植物をおしゃれな容器に寄せ植えして、
かぼちゃのピックやオーナメントをさりげなく加えてもステキです。

ハロウィン お部屋のディスプレイ

クッションカバーをオレンジ系に替えるだけで、お部屋もハロウィン気分に!

食卓テーブルには、オレンジ系の細長い布でつくったテーブルランナーをかけてみるのもGodd!

ランチョンマットやナプキンもハロウィンカラーにしてみましょう。

ハギレやマスキングテープでつくった
ハロウィンカラーのミニガーランドもおしゃれです。

あまり大きなサイズにすると子どものお誕生会みたいになってしまうので、
できるだけミニサイズがオススメです。

これらのアイデアは、
クリスマスカラーに置き換えれば、クリスマスにも使えますね♪

まとめ

いかがでしたか。
ちょっとした工夫でできる大人のハロウィンインテリア!

ハロウィンだけでなく、クリスマスにも応用できるので、
ぜひ参考になさってくださいね。

スポンサードリンク

 - ハロウィン