ナルのああなるほど

日々の発見とお役立ち

*

浴室 床の掃除 がんこな黒ずみ ブラシが実はよく落ちる!

   

浴室

お風呂の掃除、こまめにしていますか?

一番清潔にしておきたい場所なのに、
油断すると、すぐにカビの温床になってしまう浴室……

今回は、浴室の床の汚れについて、
簡単に取れる方法をお伝えします。

スポンサードリンク

浴室 床の掃除

最近の浴室は、
壁にカビの生えやすいモルタルやタイルを使うのではなく、
ツルツルのパネルが貼られているユニットバスが多いので、
昔に比べ、タイルの目地の黒カビを一生懸命こすって掃除することも少なくなりました。

ただ、床に関しては、いまだに掃除に苦労します。
タイルの床だと目地に黒カビが生えますし、、
「カラリ床」など凹凸の溝の付いたものだと、
水はけはいいものの、どうしても溝の部分にカビがこびりついてしまいます。

浴室床

DSC_0880

友人は家を新築する際、
お風呂の床のタイルの目地を黒色にして、
「カビが目立たないからいいわよ」と言ってましたが……

目立つ、目立たないという問題よりも、
やはりカビは取り除かないと汚いので、意味ないですよね。

浴室 床の黒ずみ 防ぐには

お風呂の中は、私たちが使っているシャンプーや石鹸の残りかす、
皮脂汚れ、水アカなどで
実はとても汚れやすい場所です。

さらに、湿気がこもりやすく室温の高い浴室は、
カビにとっては格好のすみかなのです。

最初はうっすらピンク色だったものが、
やがて黒カビに……
そのまま放置しておくと、簡単には落ちなくなってしまいます。

一番のカビ対策としては、

・冷たい水でお風呂の壁、床を洗い流し、乾いた布で水分をふき取る
・お風呂場の換気をしっかりする

お風呂を使った後にこれを毎回欠かさずすることで、
かなり効果はあります。

浴室 床の掃除にはブラシが一番!

それでも付いてしまった頑固な黒ずみ、黒カビを取るにはどうすればいいでしょうか。

スポンサードリンク

お酢や、水に溶かしたクエン酸、重曹などを
スプレーで吹き掛けてしばらく放置し、
スポンジや歯ブラシなどで取る方法もありますが、
頑固な汚れだとなかなか取れない場合もあります。

で、結局私がたどり着いた結論は
溝にできたカビ取りには、
ブラシが一番だったということです。

ブラシを選ぶ際には、床を傷つけない材質のものか確認が必要です。

参考までに、私が今使っているブラシはこちらです。

まとめ

浴室の床の黒カビ汚れ、黒ずみは、
汚れができないうちに、早めの対策が必要です。

それには、石鹸カスの汚れを最後に洗い流して、
換気を良くして床を乾かすのを毎日続ければ大丈夫。

でも、付いてしまった汚れを落とすには、
重曹やクエン酸などよりも、
ブラシを使うほうが簡単にできるということをお伝えしました。

年末に慌てて大掃除をするより、
やはり気付いたときに、きれいにするほうが楽なのでおすすめです!

スポンサードリンク

 - 暮らし・家事 ,