ナルのああなるほど

日々の発見とお役立ち

*

展望台で初日の出 都庁と六本木ヒルズとテレコムセンター

      2016/12/01

初日の出

多くの人々がふるさとに帰省している中、
元旦の東京は、いつになく静かに朝を迎えます。

東京ならではの初日の出といえば、
やはり高層ビル展望台から見る初日の出ではないでしょうか。

スポンサードリンク

展望台で初日の出 東京

東京には数多くの高層ビルがありますが、
こういったビルの最上階にある展望台では、
元旦早朝からオープンして初日の出を見ることができる場所が幾つかあります。

今回は、その中でも人気のある
「都庁」「六本木ヒルズ」「テレコムセンター」
この3カ所での初日の出についてご紹介します。

元旦の朝、一人で東京に残っているなら、
カメラ片手に、ぜひここに足を運んで初日の出を拝んでみてください。

都庁の展望台で初日の出

東京タワーやスカイツリー、富士山まで見える都庁の展望室
都庁の第一本庁舎45階にある、この展望室から初日の出を見るには、
限定600名の抽選に応募が必要です。

元旦開室は5時半~
展望室から初日の出が見られる時間帯は6時50分頃です。

応募は往復はがきで申し込みます。
締め切りは平成27年12月8日(火曜)消印有効

詳しい申し込み方法は都庁のHPでご確認くださいね。

六本木ヒルズ 展望台で初日の出

六本木ヒルズから見る初日の出、
こちらも1000名限定の申込制となっています。

初日の出の観覧場所は、
海抜270メートルの屋上スカイデッキ、および、52階にあるスカイギャラリーの2カ所。

応募する際、どちらか1つを選んで申込みます。
(屋上スカイデッキ:200名、52Fスカイギャラリー:800名)

スポンサードリンク

入館時間は6時~8時
日の出予定時刻は6時50分頃です。

入館料は
屋上スカイデッキ……3000円
52Fスカイギャラリー……2000円
となります。

申込みは六本木ヒルズのホームページから。

2016年の初日の出の申込受付開始は2015年12月1日でした。
そろそろ2017年の申込みもできるようになるでしょう。

テレコムセンター展望台で初日の出

テレコムセンターの21階、高さ99mにある展望台はガラス張りになっていて、
富士山や、東京湾、その先には房総半島までも見渡せます。

日本夜景遺産にも選ばれているテレコムセンターの展望台、
当然ながら初日の出もバッチリ見ることができます。

テレコムセンターの展望台で初日の出を見るには、
特に抽選に応募する必要もないですが、人数制限800人となっています。

さらに、入場料の800円には、ドリンクが1杯、サービスとして含まれています。

開催時間は5時~8時。

初日の出は東側の窓際からならどこからでも見えます。
もし良い場所を確保したいのでしたら、5時前には到着して、
すぐに展望台に上がれるようにしておくといいでしょう。

おわりに

東京の高層ビルから眺める初日の出、
11月後半から12月初めにかけて、
それぞれのサイトを小まめにチェックして、情報収集してみてくださいね。

【関連記事】
初日の出 デート 東京ならホテルの高層階から見るのがおすすめ
初日の出 デート 東京 クルージングはおすすめ!

スポンサードリンク

 - お正月 ,