ナルのああなるほど

日々の発見とお役立ち

*

手芸でクリスマスを楽しむ クリスマスリースとクリスマスツリー

      2015/12/24

クリスマスリース

クリスマスが近づくと、
手芸店ではクリスマス柄の布がたくさん売り出されます。
手芸好きの人は、もう眺めているだけでもワクワクしてきませんか?

クリスマス柄の布を使って、チクチク♪ 手作りクリスマスを楽しみましょう!

スポンサードリンク

手芸でクリスマスを楽しむ

クリスマスは、自分の手作り作品を家の中に飾るのにもってこいのイベントですね。

玄関やリビングの出窓、部屋の壁など、
クリスマスカラーの布でつくったオリジナル作品を飾りましょう。

一度にあれこれつくるのではなく、
毎年一つずつ作って増やしていくのもいいですよね。

11月、12月にバザーやフリーマーケットに参加される方は、
こういったクリスマス作品は売れ筋です。
たくさんつくって出してみませんか。

ハンドメイドの委託販売をしているショップに出しても喜ばれます。

手芸でクリスマスリース

クリスマスリース

こちらは丸く切った布をぐるりと縫って絞り、
中に綿を詰めたものをつないでつくったリースです。
鈴とリボンを付ければ出来上がり!

白・緑・赤のクリスマスカラー3色でつくるのもいいし、
どれか1色でまとめてもすてきです。

クリスマスリース

こちらのリースはパーツの数が少々多くなります。

中に綿を入れたドーナツ型のリース台をつくります。
綿を固めに入れるとしっかりしますが、
形が崩れるようでしたら、輪にした針金などで補強します。

次に、ヒイラギの葉の形をたくさん作ります。
布を中表にした上にキルト芯を重ね、
返し口を残してミシンでヒイラギの葉の形に縫い、
返し口から表に返し、真ん中を縦に縫います。

この葉っぱ6枚で花のようにして真ん中を縫い止めます
丸く切った赤い布で球をつくってポイントにします。

wreath2-2

花型(葉っぱ6枚)のパーツと、葉っぱ1枚のパーツを
リース台にすき間なく少し重なるようにして縫い止めれば
クリスマスリースの出来上がり!

スポンサードリンク

少々手間はかかりますが、ぜひチャレンジしてみてください。

手芸でクリスマスツリー

クリスマスツリー

こちらはおなじみのクリスマスツリーです。

△を3つ縦に重ねたツリー型の布を返し口を残して中表に縫い、表に返します。
それを3組つくり、重ねて中央を縦に縫います。
返し口から綿を詰め、ツリーの形に仕上げます。

下のツリーの台の部分は、
ツリーの大きさに応じて、プリンカップやトイレットペーパーの芯などを使います。

台の部分が軽いとひっくり返ってしまうので、
中に粘土などを詰めて重しにするといいです。

リボンやベル、ビーズなどを使ってデコレーションすれば、
あなただけのオリジナル・クリスマスツリーの出来上がりです。

おわりに

ベル

クリスマスツリーと同じ作り方で、
ツリーではなくベルの形でオーナメントをつくってみました。

いろいろ応用が利きそうですね。

ほかには、大作になりますが、
ログキャビンのパッチワークキルトで
クリスマスツリーのタペストリーはいかがでしょうか。

ログキャビン

縦方向にブロックをもう少し増やすとバランスもよくなると思います。
アップリケでいろんなクリスマス飾りをくっつけたり、リボンを足したりすると、もっとにぎやかになりますね。

白・赤・緑のクリスマスカラーの布を見ているだけで、
ハンドメイド熱がフツフツと……

手作りでクリスマス、楽しみましょう!

【クリスマスの飾り付けについて】
クリスマスの片付け イルミネーションやリース いつまで飾る?
クリスマスのインテリア 玄関とお部屋のディスプレイのコツ
簡単 クリスマスリースを手作り! スパイスやマカロニなどなど
アドベントカレンダーとは? その中身と手作りのアイデア

スポンサードリンク

 - クリスマス , , ,