ナルのああなるほど

日々の発見とお役立ち

*

年賀状 やめどき こちらから出さない 返信なしって失礼?

   

年賀状

年末になると、いつも頭を悩ますのが年賀状。

小学生のころは年賀状をたくさんもらえると人気者みたいな気がしていて、
「今年は○枚もらえた!」と喜んでいたのが懐かしいですね。

大人に成長するにつれ、知り合いの数も増えてきます。
結婚し、子どもができ、転居を重ねるうちに、
毎年書く年賀状も100枚を超える数に!

出す人、出さない人を整理整頓して、年賀状の数を減らしたいと思ったことありませんか?

スポンサードリンク

年賀状 やめどき どうすればいい?

長年の間、ずっと会わず、
年賀状だけのお付き合いの人って、たくさんいませんか?

特別仲良しだったわけではなく、いまだに年賀状のやりとりを毎年している人、
考えてみたら、結構いますよね。

何となく毎年年賀状を出し続けている人の中にも、
「この人とはどういう関係で、どこで友達になったんだっけ?」という人や、
若い頃やっていたカルチャースクールで知り合った人、
子どもが小さいころのママ友で、遠くに引っ越してずっと会っていない人などなど、
ずっと会っていない上に、これからもおそらく会わないであろう人、
こういった人とは、そろそろ年賀状のやりとり、やめ時ではないでしょうか。

年賀状に自分の近況を書こうとしたとき
この人には何を書いていいやらすぐに思い付かなかったら、
そういう相手には年賀状を出すのをやめてもよさそうですよね。

そうはいっても、どうもやめる踏ん切りがつかない……
長年続けているのに、突然こちらからやめてしまったら相手に失礼ではないか……

スポンサードリンク

いろいろ悩ましく、
結局、今年も年賀状を惰性で書いてしまうという繰り返しになっていませんか。

年賀状 出さない選択

ずっと会っていない人なら、
実はこちらが思っているのと同じように、
意外に相手の方も「この人には年賀状出すの、やめどきかな」と思っているのではないでしょうか。

そうであれば、今年は「こちらからは出さない」という選択をすることは、
相手の方にとってありがたいということにもなりますよね。

急にはやっぱりやめられないという場合は、

・メッセージなしの味気ない年賀状にする
・こちらからは出さず、相手から来たら遅めに返事を出す(後だし)

こういった消極的方法を試してみてはいかがでしょうか。
毎年これを繰り返していけば、
やがて相手の方にもこちらの意図は伝わると思います。

年賀状 返信なしなら、やがて自然消滅

それでも毎年相手から年賀状が来てしまうという場合は、
相手の方には失礼ですが、
送らない、返信なし、という最終手段もアリです。

こちらからの返信がなければ、やがて自然消滅するでしょう。

ただ、お世話になった目上の方に対しては、
やはりこういった方法は失礼です。

相手の方から年賀状が送られてこなくなるのを待つしかないでしょう。

おわりに

年賀状のやめどき、
こちらからやめるのは大変心が痛みますが、
相手の方も同じように思っている場合も多々ありますので、
いつまでもダラダラ続けるのは、お互いのためにもならないですよね。

断捨離と同じ、
毎年少しずつ整理整頓していきたいものです。

スポンサードリンク

 - お正月 ,