ナルのああなるほど

日々の発見とお役立ち

*

飛行機内の足のむくみ 原因と対策 解消法 便利グッズも!

      2016/05/17

機内

海外旅行などで長時間飛行機に乗ると、足がむくみ、ふくらはぎのあたりがパンパンに張ったりしませんか?

フライト中、足がだるくなったり、飛行機から降りる時に靴がはけなくなったりと、これから楽しい旅が始まるはずなのに、何だか憂うつですよね。

今回は、機内で足がむくむ原因と解消法、そして持って行くと便利なグッズをご紹介します。

スポンサードリンク

飛行機で足のむくみ 原因は?

飛行機の機内に長時間座ったままでいると、足のむくみってよく起こりますよね。

このむくみの原因としては、

・気圧の変化によるもの
・同じ姿勢を続けているため
・乾燥により体内の水分の循環が悪くなるため
などが挙げられます。

新幹線などの長距離列車、マイカーの長距離運転などでも同じ姿勢を続けているので、同じように足がむくみがちになりますよね。

気圧の変化はどうしても変えられないので、私たちとしてできることは、同じ姿勢を続けない、水分を補給するといったことになります。

飛行機で足のむくみ 解消法

では、具体的にどういった解消法があるか、考えてみましょう。

スリッパに履き替える

まずは、飛行機に乗ったら、窮屈な靴を脱いでスリッパに履き替えるといいでしょう。
ハワイ旅行など、ビーチに行くのであればビーチサンダルが楽そうですが、機内は意外に足元が冷えるので、はだしにビーサンはオススメしません。

着圧ソックスを履く

メディキュット」「スリムウォーク」といった着圧ソックスは、足の筋肉に適度な圧力を加えることによってポンプ機能が働き、足の血流を改善させる働きがあります。

ドクターショールの「フライトソックス」などはドンピシャな商品ですね。

ついでに、足裏にサロンパスを貼っておくと、さらに効果的です。
旅行中にたくさん歩き回って足が疲れたときも、ホテルでサロンパスを足裏に貼ってから寝ると翌朝快適です。

ただし、上手に着圧ソックスをはかないと、サロンパスがソックスにくっついて悲惨な状態になりますのでご注意を!

機内で履いてもいいですが、私は飛行機搭乗前にトイレで履き替えました。

頻繁に座席を立って動く

窓側の席だとなかなか通路に出づらいですが、それでもなるべく何度も席を立って、トイレに行ったり、通路を歩いたり、邪魔にならないところで軽い屈伸運動やアキレス腱を伸ばすなどの軽い運動をするようにしましょう。


スポンサードリンク

時々正座をする

足を下ろしたままの姿勢では血流が悪くなるので、シートベルト着用のサインが消えたら、時々、ひざを曲げて正座の姿勢を取ったり、体育座りをしたりしてみるといいでしょう。片足ずつ交互にやると効果的です。周りの目が気になるようであれば、ブランケットをひざにかけていれば大丈夫です。

水分補給

機内は非常に乾燥しています。このため、体内の水分が不足し、血液中の濃度が増加して、血液の循環が悪くなり、むくみの原因となります。
飛行機に乗る際は液体類の持ち込みは禁止されていますが、機内サービスでペットボトルの水が配られたり、軽食や食事時には飲み物が出ますので、遠慮せずにおかわりして、どんどん水分を取るようにしましょう。

水分補給は、むくみ対策のほか、お肌の乾燥も防げますのでとても大事です!

飛行機で足のむくみ対策便利グッズ

機内の座席に座ったとき、背の小さい女性などは床に足が付かず、足が疲れたり、それがむくみの原因になったりもします。

そんなときは飛行機用フットレストがあると便利です。

座席のテーブルにベルト部分を引っ掛けて、足やふくらはぎを載せて使います。
飛行機だけでなく、新幹線などにも使えますね。

軽いので機内持ち込みも便利。

今まで手荷物の上に足を載せたりしていたのですが、こちらのほうが長さ調節してちょうどいい高さにできるので良さそうですね!

飛行機で足のむくみ おわりに

飛行機での脚(足)のむくみについて、原因と対策、解消法をご紹介してきました。

飛行機での移動中が少しでも快適に過ごせると、海外旅行の楽しさも倍増します!

これを参考に、楽しい旅行にしてくださいね。

【関連記事】
海外旅行のメイク 機内でどうする?落とすのは?いつメイクし直す?
冬 ハワイの服装 機内の服装 成田でコートを預けるのが便利
ハワイ 日焼け止めクリームは現地で買うか持ち込むか SPFはどう?

スポンサードリンク

 - 旅行 ,