ナルのああなるほど

日々の発見とお役立ち

*

鎌倉の長谷寺 あじさいの見ごろと開花状況 混雑時の裏技!

      2016/05/06

あじさい

あじさいの名所としても名高い鎌倉の長谷寺。
毎年6月になると、美しいアジサイの花を一目見ようと大勢の観光客でにぎわいます。
比較的花期の長いあじさいですが、どうせ行くなら開花状況をしっかり押さえておくといいですね。
ただ、見ごろの時期は多くの人々が訪れるので混雑は必須です。
鎌倉の長谷寺のあじさい、見ごろや開花状況、そして混雑を少しでも回避する方法についてまとめてみました。

スポンサードリンク

鎌倉 長谷寺 あじさい3大名所の一つ

「長谷寺」「明月院」「成就院」は鎌倉のあじさいの3大名所と呼ばれています。
ただし成就院は、あじさいの植え替えと参道工事のため、2016年は残念ながらあじさいを見ることができません。

長谷寺と明月院、あじさいを見るにはどちらがいいか迷う人も多いですが、
しっとりとした情緒を味わいたいなら明月院を、
あじさいだけでなく、もっといろいろ見てみたいなら長谷寺をオススメします。

参考:鎌倉の明月院 あじさいの見ごろと開花状況 混雑はどう?

長谷寺のあじさいは、山門を入り階段をのぼり境内をずっと進んだ奥にある経蔵の裏手の「眺望散策路」にあります。
この眺望散策路は普通に歩いて10分ほど。別名「アジサイの径(こみち)」とも呼ばれていて、40種以上、約2500株のあじさいが植えられています。

眺望散策路というだけあって、散策路からは、あじさいだけでなく、お天気がよければ遠く鎌倉の街並みや相模湾、湘南の海も一望できます。

また、長谷寺は「花の寺」とも言われていて、境内にはあじさい以外の花もたくさん植えられています。

ちょうどあじさいのシーズンに見られる花としては、

・イワタバコ
・ヤマボウシ
・睡蓮
・金糸梅
・花菖蒲
・シモツケ
・ビヨウヤナギ
・アガパンサス
などがあります。

また、長谷寺にはご本尊の十一面観音菩薩像(長谷観音)がまつられている観音堂、弁天様がまつられている洞窟、写経ができる書院、観音様をテーマに据えてつくられた博物館「観音ミュージアム」、池や滝など、あじさい以外にも見どころはたくさんあります。

長谷寺 あじさいの見ごろや開花はいつごろ?

さて、鎌倉の長谷寺のあじさい、2016年の開花時期や見ごろはいつごろでしょうか。

例年、5月下旬に咲き始め、見ごろは6月中旬ごろ。

ちなみに昨年(2015年)の長谷寺のあじさいですが、5月下旬ごろから徐々に色づきはじめました。

経蔵の裏手の下段のあじさいは比較的遅いですが、上段に植えられているベニガク、シチダンカなどのあじさいは、6月初旬に早くも見ごろを迎えます。

そして6月中旬にはほとんどのあじさいが見ごろを迎えました。

2016年も昨年同様の気候であれば6月中旬ごろが一番のピークになるでしょう。

2015年は7月1日よりあじさいの剪定を始めたということですので、剪定前の6月中に訪れるようにしましょう。


スポンサードリンク

なお、長谷寺のあじさいの開花状況については、長谷寺の公式ホームページでも月に数回、写真付きでアップされていますので、そちらをチェックするのもいいでしょう。

鎌倉長谷寺 あじさい散策路の混雑 整理券発行も!

あじさいの見ごろの時期は当然、長谷寺のあじさい散策路は観光客で大変混雑します。

特にお天気の良い休日などは、90分待ちなんていうことも当たり前!
混んでいる日には2時間待ちなんていうこともあります。

混雑を避けたい場合は、できれば平日に行くのが一番ですが、週末しか行けないのなら、近くで前泊して早朝に訪れるか、あるいは閉園ギリギリを狙うかといった方法が考えられます。

長谷寺周辺の人気宿(楽天たびノート)

長谷寺の開門時間

3~9月 8:00~17:00
10月~2月:8:00~16:30

長谷寺の眺望散策路が混雑して渋滞してしまった場合、散策路への入場規制が行われる場合があります。
そこで、週末に訪れる際は、まず最初に散策路入り口で「あじさい整理券」をもらいましょう。

整理券1人につき1枚で、通し番号が記載されています。
1番号につき約15分ほどの待ち時間。待っている間は境内を散策したり、お食事処や展望台で過ごしたり、写経をしたりなど、長谷寺は見どころがたくさんあるので、そんなにたいくつしないはずです。

また、もし待ち時間中にお寺の外で食事をしたい場合は、当日に限り、一旦お寺から出て、再入場することも可能です。
再入場するには、あじさい整理券と長谷寺の拝観券の両方が必要です。

参考:鎌倉長谷寺周辺でランチ 海光庵とイタリアンと古民家カフェ

鎌倉 長谷寺のあじさい おわりに

あじさい散策路は、狭い上、かなり急な坂や階段ですので、はき慣れた歩きやすい靴で行くことをオススメします。

整理券が発行された場合は、待ち時間を有効に使って、境内をいろいろ散策してみてくださいね。

長谷寺だけでなく、鎌倉のあじさいをいろいろ楽しむなら「鎌倉のあじさいの名所を徒歩で巡る 鎌倉あじさい散歩コース」。

スポンサードリンク

 - 旅行 , ,