ナルのああなるほど

日々の発見とお役立ち

*

家庭訪問は玄関先?どこに通すのがいい?先生の座る位置は?

      2016/04/20

玄関

新学期が始まり、子どもも親も、ようやく学校生活に慣れてきたころ、
小学校、中学校では家庭訪問が行われます。
一般的にはゴールデンウィーク前後が多いのではないでしょうか。

家庭訪問でまず悩むのは、何について聞かれるのか、何を話せばいいのか以前に、
玄関先で済ませてもいいのか、どの部屋にお通しすればいいのか、先生にはどこに座ってもらえばいいのかといったことではないでしょうか。

これから1年間子どもがお世話になる担任の先生をお迎えすると思うと、
家庭訪問って、何となく緊張しませんか?

我が家の例でいうと、
散らかりっぱなしの玄関や部屋をきれいに片付け、お茶菓子を用意したりと大慌て。
普段、ママ友が訪れてくるときとは少々違うのです。

男の先生ならむしろ気が楽なのですが、
担任の先生が年配の女の先生だったりしたら、もう大変。

今回は、家庭訪問時にどのように先生におもてなしをすればいいか考えてみました。

スポンサードリンク

家庭訪問 玄関先の場合

学校からの家庭訪問のお知らせに「玄関先で15分ほどお話をします」と書かれていた場合でも、
先生には「中にどうぞ」と一応声をかけてみましょう

それで断られたら、立ち話はあまりよくありませんので、
「では、玄関で申し訳ありませんが……」と座布団を持ってきて座っていただきましょう
お茶とお菓子もお盆に載せて、そのときにお出しすればいいでしょう。

前に何軒か回ってきた後なら、先生は出されたお茶菓子には口を付けないこともあるでしょうが、
一応お出しするのが礼儀です。

もし先生が座ってくださらない場合、
先生より目線が高い位置になるようでしたら、正座をしてお話を伺いましょう。
ただし、床に段差があまりなければ、立ったままでも大丈夫です。

言うまでもありませんが、玄関はきれいに片付け、
出しっぱなしの靴も、げた箱にしまっておきましょう。
「玄関先で」とあっても部屋に上がって話をする場合もあるので、お部屋の掃除・片付けも一応したほうが良さそうです。

ママ友がハウスでお花を栽培していたのですが、
家庭訪問の時期になると、鉢植えの花や出来上がった寄せ植えを買っていくママたちが増えるそうです(笑)

家庭訪問 上がってもらうならどこに通すのがいい?

玄関先ではなく、家に上がってもらう場合は、どの部屋にお通しすればいいでしょうか。

もし、リビングと和室と両方あるお宅でしたら、
リビングのほうがいいでしょう。
というのも、若い先生方などは正座に慣れていない場合が多いからです。

もちろん和室しかお通しする場所がなければ和室で構いませんよ。


スポンサードリンク

客間がなく、ダイニングしか場所がないというお宅も多いかと思います。
我が家もダイニングテーブルで先生と話をしたことが何度もありますが、
庭の花を一輪ざしに入れてテーブルに置いたことで、
生活感丸出しのダイニングがおしゃれになりました。

ダイニングにお通しするなら、テーブルの上や周りのものをどこかに片付け
リビングっぽくしてみましょう。

ちなみに、ダイニングはお茶出しするにはとっても楽ちんです (#^.^#)

玄関先でなく部屋に先生をお通しする場合は、スリッパの用意はお忘れなく。
そして、お茶菓子を用意するなど席を外すときに、
玄関にそっと回って先生の脱いだ靴をそろえることができると上出来ですね。

家庭訪問 先生の座る位置 和室とリビング

先生には上座に座っていただくわけですが、
どちらが上座になるのかわからないママも多いかと。

和室の場合は、奥が上座になりますので、
入り口に立って、「どうぞこちらにお座りください」と奥の席をすすめましょう。

和室の場合、挨拶は座布団を外して行うのが正式なやり方です。

リビングの場合は、長いすと肘掛け椅子がある場合は長いすのほうが上席(上座)になります。
向かい合って話をするより、L字型に席をセッティングするほうが話をしやすいので、椅子が移動できるようであればお試しくださいね。

ダイニングの場合は、先生からキッチン側が見えない席に座っていただくのがいいでしょう。
主婦にとって、キッチンを見られるのって、やはり恥ずかしいものです。

どの部屋にお通しする場合も、
先生に下座に座っていただくほうが自分にとって都合がよい場合は、
「下座になっていまいますが」と一言付け加えれば、下座をすすめても構いません。

家庭訪問 昨今の事情

最近は学校側もいろいろ気を使っているのか、
家庭訪問ではなく「玄関先訪問」という呼び方をして、
先生は家の中に上がらずに玄関先で立ち話で済ますと決めている学校もあるそうです。

仕事などで都合が悪ければ、日程調整をすることなく、
自宅の場所と通学路の確認のみ行うので不在でも構わないというところもあるんだとか。

共働き家庭も増え、家庭訪問そのものが主婦の負担になっていることもあれば、
家が狭く、先生をお通しする部屋がないという家庭もあるからなのかもしれませんね。

家庭訪問では、形式張ったよそ行きの会話ではなく、
本音で先生と話ができるほうが望ましいと思います。

少しの気遣いとおもてなしの気持ちがあれば、
どの部屋にお通ししようが、玄関先であろうが大丈夫です!

とはいえ、やはりいつもより気合を入れてお掃除しちゃいますよね(笑)

【関連記事】
家庭訪問でお茶菓子は出す?タイミングと出し方は?自分の分は?
家庭訪問で何を話す?聞かれることと聞くべきこと

スポンサードリンク

 - 子育て・教育