ナルのああなるほど

日々の発見とお役立ち

*

幼稚園の役員は大変?仕事内容は?いつやるのがベスト?

   

どうする?

新学期、幼稚園児のママたちの一番の関心事は役員決め!
幼稚園の役員って大変だって聞くけど本当なんでしょうか。
役員、委員ってどんな仕事内容なのかも気になりますよね。
全員いつかはやらねばならないのであれば、楽しくやりたいものです。
今回は幼稚園の役員決めについて、いったいどんなことをやるのか、
いつやるのがベストかもお伝えしていきます。

スポンサードリンク

幼稚園の役員は大変?

我が子が幼稚園に通いだして、ようやく自分の時間が少し持てるようになったママたち。
でも、新学期には早速、幼稚園の役員決めが待っています。

幼稚園の役員、委員は大きく分けると2種類。
一つは本部役員と言われるもので、会長・副会長・書記・会計・会計監査といった役職です。
もう一つは、クラス役員やバザーの委員、卒園アルバムをつくる委員などの委員。

幼稚園によっては、クラス委員の中から本部役員を決めるところもあるようです。

これらの幼稚園の役員・委員になると大変だという声をよく聞きますが、
それは園によってさまざまです。

幼稚園側が親御さんに園とのかかわりを深く持ってほしいという方針であれば、
いろいろな行事において出番があります。

幼稚園主導型ですべてお任せ状態の幼稚園であれば、
園と保護者との連絡係としての役割ぐらで、あまり出番はないかもしれません。

気の合うママたちであれば楽しくやれるでしょうし、
個性がぶつかり合ってうまくいかないメンバーだと、大変で1年が長く感じられるでしょう。

また、得意、不得意というのも大きく関係してきます。

ハンドメイドが大好きなママなら、
バザー委員などというのは楽しくて仕方ないのではないでしょうか。
逆に、不器用なママだと、何となく苦痛に感じてしまうかもしれませんね。

中学校や高校で生徒会役員などやった経験があれば、
本部役員になってもそんなに大変ではないかもしれませんが、
人見知りで大勢の前で代表であいさつなんてとてもできないという人が会長になったら、
1年間、憂うつでしょうがないでしょう。

このように、幼稚園の役員が大変か、そうでないかというのは、
人によって、そして幼稚園によって違います。

ちなみに、うちの子どもが通った幼稚園は、
いろいろな場面で父母が参加する幼稚園だったので、
役員・委員の種類、数もたくさんあり、
ほぼ全員が毎年何らかの役員になっていました。
なので、私も2人の子どもを通わせて、合計5回の役員・委員経験があります。

そのうちの1回は、とてもメンバー同士仲が良く、
卒園してからもしばらくは、ランチ会や飲み会を行っていました。

ママにとって幼稚園の役員というのは、
かけがえのないママ友を得られるチャンスでもあるのです。

幼稚園の役員と委員 仕事内容はどういったものなの?

さて、では具体的に幼稚園の役員というのはどういう仕事をするのでしょうか。

例えば本部役員というのは、幼稚園と保護者との連絡係、橋渡しのような仕事を担います。
また、中高の生徒会と同様、
みんなを代表して挨拶をしたり、記録を取ったり、お金を管理したり、お金の使い方に間違いがないか監査したりといった仕事です。


スポンサードリンク

あとは、例えばクラス委員なら、お母さん方の親睦を図る行事の企画など。
バザー委員なら、バザーの計画・準備、バザーに出品する品物の製作、当日のお手伝いなど。
アルバム委員なら、卒園アルバム用の写真の撮影、アルバムの制作が主な仕事です。

どのような委員会があるかは幼稚園によってさまざまです。

幼稚園の役員と委員 いつやるのがいい?

幼稚園の役員、委員というのは、
就園期間中、一度は回ってくるというのが一般的です。

もちろん園児数が多く、それに対して役員、委員の数が少ない幼稚園でしたら、
やらなくて済む場合もあります。

保育園と違ってフルタイムの正社員でお勤めをされているお母さんはほとんどいないというのが前提。
パートで仕事をやっているというのは、
そもそもそういうお母さんが増えてきている現在、あまり免除の理由としては認められないところもあるようです。

ただ、妊娠中であったり、
下のお子さんがまだ赤ちゃんで手がかかるとか、
上のお子さんで小学校の役員をやるといった場合には、
よほどのことがない限り、役員は免除されます。

役員がどうしてもできない場合は、
自分に決まってから断るのではなく、役員決めの前に言っておくようにしましょう。

その際、断固とした態度で断るのではなく、
「協力はしたいけど、○○なので今年はできそうもない。申し訳ありません」
といった角の立たない断り方にしましょう。

さて、いずれやることになるのなら、いつやるのがいいでしょうか。

オススメは入園した年。
年少さんからなら年少さんのとき、
年中さんから入園したなら年中さんのとき。

なぜならば、

・幼稚園の様子がよくわかる
・先生とも仲良くなれる
・たくさんのママたちと知り合いになれる
・先輩ママからいろいろアドバイスをもらえる
といったメリットがあるからです。

また、年中さんのときに役員・委員をやると、
会長や委員長といった役職が回ってくる可能性が高いので、
そういったことが苦手な方は、やはり年少さん、年中さんのときに経験しておいたほうがいいでしょう。

幼稚園の役員 おわりに

役員決めというのは、幼稚園に始まって、小学校、中学校、そして高校と、
これからずっと続いていきます。

幼稚園ぐらいから一度経験しておくと、
後々突然役を受けなければならなくなった場合には楽という考え方もあります。

役員決めのときの雰囲気というのは、シーンと静まり返って実に耐え難いものです。

入園時、気のあったママ友がもし何人かいたら、、
仲間内で声を掛け合って一緒の役員・委員をやるというのはいかがでしょうか。

どうせやるなら、嫌々やるのではなく、楽しくできたらいいですよね。
ママが楽しく幼稚園のお手伝いをしている姿をお子さんが見たら、
お子さんの幼稚園生活もきっと楽しいものになるでしょう。

スポンサードリンク

 - 幼稚園 ,