ナルのああなるほど

日々の発見とお役立ち

*

母の日 2016年はいつ?そもそもの由来は?世界各国にもある?

      2016/04/28

母の日

5月のゴールデンウィークが過ぎるころになるとようやく、
「今年の母の日、いつだっけ?」と、カレンダーをチェックする方も多いのではないでしょうか。
母の日は5月○日と毎年日付が決まっているわけではないので、直前になって慌てることがありますよね。

また、あらためて考えてみると、そもそも母の日ってどうしてできたのか、
日本だけなのか、世界にも同じようにあるのかなどなど、
知らないことが多いですよね。

今回はそんな母の日についての情報です。

スポンサードリンク

母の日はいつ? 世界の母の日

母の日ってどういう日?
母の日は、一言で言うならば、子どもが母への感謝の気持ちを伝える日です。

日本では5月の第2日曜日が母の日となります。
2016年は5月8日が母の日ですね。

毎年5月の第2日曜日を母の日として祝うのは、
日本以外にもアメリカやカナダ、中国、ドイツ、イタリアなどがあります。

国によっては2月の第2日曜日(ノルウェー)、5月最終日曜日(フランス)、8月12日(タイ)、11月最終日曜日(ロシア)などなど、
世界の母の日は日付も季節もさまざまなのです。

日にちは違えど、世界中の多くの国で母の日を祝う習慣があるというのは
ある意味、興味深いことですね。

母の日にはどんな由来があるの?

母の日の由来は、国によって違うのですが、
日本の場合、アメリカの影響が実は大きいのです。

アメリカの母の日

南北戦争中、アメリカウエストヴァージニア州でアン・ジャービスという女性が「Mothers Day Work Club」というボランティア団体をつくり、
そこで医療補助活動を行っていました。
その時代はまだ衛生状態が悪かったため、両軍の兵士たちの間で伝染病が蔓延していました。
アンさんたちは「Mother’s Work Days」と称して、敵味方関係なく兵士たちに救いの手を差しのべていました。

1905年5月9日、アンさんは亡くなります。

母のことを敬愛していた娘のアンナ・ジャービスさんは、
アンさんが日曜学校の教師をしていた教会で亡き母親を偲ぶ記念の会を開き、
母が好きだった白のカーネーションを祭壇に飾り、さらに参列者にも配りました。

母親が亡くなっても母を敬う気持ちだけは世の中に残していきたいと思ったアンナさんは
その後、「母の日」を設ける運動を開始しました。

そして1914年、アメリカ連邦議会が5月の第2日曜日を母の日に制定し、
世界で初めての「母の日」が誕生したのです。


スポンサードリンク

日本の母の日

日本では1931年(昭和6年)、当時の皇后さまの誕生日である3月6日を母の日と制定していましたが、
実はキリスト教の教会などでは、1915年頃から「母の日」の礼拝が行われていました。
これは当時青山学院の教授だったアレクサンダー女史によって伝えたものだと言われています。

一方、明治・大正時代からミルクチョコレート、ドライミルク、マリービスケットなどを製造販売していた森永製菓は、
1936(昭和11)年、「森永母を讃える会」をつくります。
そして翌1937年(昭和12年)に第一回森永母の日大会を開き、
「母の日」の普及活動を全国レベルで展開していきます。

その後、戦争で母の日どころではなくなった日本ですが、
戦後、1949年(昭和24年)ごろからアメリカにならって、
5月の第2日曜日に母の日を祝うようになりました。

母の日についてのまとめ

以上、母の日についてご紹介してきました。
2016年の母の日はGW明けすぐで、連休のゴタゴタで忘れてしまいがちなので注意が必要ですね。

カーネーションなどの花やプレゼントもいいですが、
連休ということもあるので、
この際、家族みんなで温泉旅行に出掛け、
それをプレゼント代わりにするというのもいいアイデアかもしれないですね。

【母の日関連記事】
カーネーション 母の日になぜ贈るの? 色の意味と花言葉は?
母の日に鉢植え カーネーション以外に人気な花ベスト3
母の日父の日を一緒に贈る 温泉旅行をプレゼントするには?
父の日プレゼントおすすめランキング 50代の父が喜ぶのは?
フラワーボックスを手作り 100均の造花なら作り方は簡単!贈り物にも

スポンサードリンク

 - 年中行事