ナルのああなるほど

日々の発見とお役立ち

*

吉野山で桜と温泉 日帰り温泉でも千本桜が見られるおすすめ宿

   

吉野の桜

千本桜で有名な吉野山には温泉もあります。

桜の季節には大変混雑しますが、
温泉から見下ろすピンクに色付いた山の景色はまさに圧巻です。

今回は、そんな吉野の温泉宿についての情報です。

スポンサードリンク

吉野山で桜と温泉が楽しめる宿

吉野山にはホテル・旅館・民宿・宿坊など、宿泊施設は幾つかありますが、
そのうち温泉の源泉を使っているところはごく一部です。

そのうちの一つが「吉野温泉元湯」です。

吉野温泉元湯は、島崎藤村ゆかりの宿としても有名です。
藤村は明治26年3月16日から4月22日まで、ちょうど桜の時期にこの宿に逗留していました。

吉野は藤村が女学校の教え子との失恋を癒した地ともいわれており、
「訪西行庵記」や「人生の風流に懐ふ」など吉野にゆかりの作品を残しています。

藤村が滞在していた部屋には、これら作品の資料や、調度品が当時のままで残されています。

吉野温泉元湯には、藤村も愛したという日本庭園があり、
春には桜、秋には紅葉と、四季折々の吉野山の風情を感じることができます。

温泉は地下にあり、男湯も女湯も、大きな窓からこの日本庭園を眺めることができます。

泉質 単純二酸化炭素冷鉱泉(低張性、中性)

中心地から少し離れた山の中にポツンと佇む小さな宿なので、
100%掛け流しのこの温泉は、「吉野の隠し湯」とも呼ばれています。
吉野山の自然をゆっくりと堪能したい方にはオススメです。

吉野温泉元湯は、ゴールデンウィーク期間中以外は日帰り入浴もできます。

時間 11:00~15:00
日帰り入浴料 700円
要予約 前日~当日に電話予約(0746-32-3061)が必要です。


スポンサードリンク

吉野山 日帰り温泉でも千本桜が楽しめる!

吉野温泉元湯は旅館内日本庭園の桜を温泉や客室で眺められるということでしたが、
こちらの温泉宿は、吉野の千本桜が温泉から満喫できるおすすめ温泉宿です。

湯元 宝の家

湯元 宝の家は中千本の中心部にあり、
ロビーや露天風呂「阿吽の湯」からは、
中千本・上千本の桜に覆われた吉野山の絶景が一望できます

特に露天風呂は建物の角にあるので絶好のビューポイント!
春の桜だけでなく、新緑の緑、秋の紅葉、冬の雪景色と、
吉野山の季節の移り変わりを堪能できます。

阿吽の湯……阿の湯(女湯)吽の湯(男湯)
泉質:含二酸化炭素-カルシウム・ナトリウム-炭酸水素塩泉 (加水、加湿、循環)

湯元 宝の家でも、日帰り温泉を楽しむことができます。

日帰り入浴プラン
時間 14:30~19:00
   11:30~15:00(4月のみ)
日帰り入浴料 1000円
予約不要 入場制限有
昼食+温泉プラン
時間 11:30~14:00
料金 6,000円(サービス料込)+消費税+入湯税100円
要予約 3目前までに電話(0746-32-5121)
食事は季節の会席膳 利用は2名以上
※4月は大広間での食事となります

おわりに

以上、吉野山の温泉宿をご紹介してきましたが、いかがでしたか?

吉野温泉元湯は吉野温泉、湯元 宝の家は吉野山温泉になります。

吉野には、ほかにも新吉野温泉・宮滝温泉・静の湯といった温泉地がありますので、
ぜひ訪れてみてください。

吉野の温泉(楽たびノート)

吉野山へのアクセスは「吉野千本桜 見頃とアクセス 駐車場の混雑を避け楽しむには?」でご紹介しています。

スポンサードリンク

 - 旅行 ,