ナルのああなるほど

日々の発見とお役立ち

*

吉野千本桜 見頃とアクセス 駐車場の混雑を避け楽しむには?

      2016/04/10

桜

奈良県にある吉野山は日本一の桜の名所として知られています。

吉野の桜は大きく「下・中・上・奥」の4つのエリアに分けられ、
下千本、中千本、上千本、奥千本と、
いずれも目に千本見えるほどの豪華さという意味で、「一目千本」といわれています。

この美しい景色を求め、桜が見頃を迎えると観光客で大変にぎわいます。
周辺道路や駐車場の混雑も予想されますが、
日本一の桜の名所、せっかく行くならゆっくり桜を観賞したいですよね。

スポンサードリンク

吉野千本桜 2016年の見頃はいつごろ?

吉野山には、シロヤマザクラを中心に約200種3万本もの桜が
山の麓から山頂に向かって順に
下千本→中千本→上千本→奥千本と、4つのエリアにわたって咲き続けます。
そのため、長い期間にわたって桜が楽しめるのです。

2016年の開花予想ですが、

下千本
・開花予想日 3月30日ごろ
・満開予想日 4月6日ごろ
中千本
・開花予想日 4月2日ごろ
・満開予想日 4月8日ごろ
上千本
・開花予想日 4月4日ごろ
・満開予想日 4月11日ごろ
奥千本
・開花予想日 4月11日ごろ
・満開予想日 4月18日ごろ

となっています。

それぞれ微妙に時期がずれているため、
全エリアの桜を満喫するのは、ちょっと無理そうですね。

ちょうどよさそうなのは、中千本が満開のころ。
奥千本はまだですが、
上から下を見下ろしたときに、上・中・下が咲き揃って一番美しく見えます。

吉野千本桜 アクセスは?

公共交通機関を利用した場合

電車+ケーブル
近鉄吉野線「近鉄吉野駅」下車、目の前の吉野ケーブルにて「吉野山駅」下車

ケーブル乗車時間は約3分ですが、
桜の開花期はケーブルに乗るまでに30~1時間並ぶ覚悟が必要です。

電車+バス
近鉄吉野線「近鉄吉野駅」下車、奈良交通臨時バスで如意輪寺を経由し中千本公園まで行けます(約25分)
時刻表 http://www.town.yoshino.nara.jp/kanko-event/narakoutsurinji.pdf

車の場合

・南阪奈道路『葛城IC』下車→大和高田バイパス『小房』下車→国道168号経由で吉野へ。

・西名阪道『柏原IC』下車→国道165号『橿原』下車→169号を経由して吉野へ。

・京名和自動車道『木津IC』下車→奈良バイパス『郡山』下車→橿原バイパス『橿原』下車→169号を経由して吉野へ。

・東名阪自動車道『亀山IC』下車→名阪国道『針IC』下車→国道369号~370号を経由して吉野へ。

ただし、車の場合は駐車場をどうするかという問題がありますね。

吉野千本桜 駐車場は混雑する?

吉野山は、桜の開花時は観光客で大にぎわいです。
駐車場は、普段は無料ですが、桜の開花期にはすべて有料(1500円)となります。

郊外駐車場
シャトルバス運行日である4/2(土)3(日)9(土)10(日)11(月)12(火)16(土)17(日)のみの臨時駐車場です。
・吉野高校そば
・吉野小そば
の2箇所で、「吉野山観光駐車場」と「中千本公園」までシャトルバスが利用できます。

スポンサードリンク

吉野山観光駐車場
乗用車 約400台の駐車場ですが、
シャトルバス運行日はバス専用駐車場となり一般車は利用できません。
また、それ以外の日でも観桜期間中はバス専用になることがあります。
シャトルバス運行日及び混雑日には周辺が交通規制されます。

如意輪寺駐車場
乗用車 約200台の駐車場ですが、
シャトルバス運行日及び混雑日には周辺が交通規制されます。
また、ここは如意輪寺の参拝者用の駐車場ですので、参拝はきちんとしましょうね。

その他の駐車場
観桜期のみオープン

駐車場案内マップはこちらです。http://www.yoshinoyama-sakura.jp/parking.php

現在の開花情報や駐車場の情報などは、こちらを参考にしてみてください。


吉野千本桜 混雑を避けゆっくり鑑賞するには……

桜の開花時期は駐車場や周辺道路が混雑するので、
車ではなく公共交通機関を利用したほうがいいでしょう。

奈良交通臨時バスで中千本公園まで行き、そこから徒歩で上千本目指して歩くか、
ケーブル利用でもう少し下から歩き、金峯山寺蔵王堂や勝手神社を拝観して上千本目指して歩くか。

後者の場合、ケーブルの待ち時間がネックとなりますが、
こういったツアーを利用するとよさそうです。

「吉野・旅ともツアーズ」の「日本一の桜・春の吉野山お花見プラン 日帰りコース」は、
ケーブルに並ぶことなく優先乗車できるのでオススメです。

集合は近鉄吉野駅に10:30
並ぶことなくケーブルに乗車し、
金峯山寺蔵王堂の特別拝観、勝手神社を通り、竹林院前で吉野ケーブルバスに。
こちらも並ぶことなく優先乗車し、奥千本口まで行きます。
金峯神社・高城山展望台・水分神社見学・花矢倉展望台から吉野山を一望し、
徒歩で吉野山駅まで下山、
再び優先乗車でケーブルに乗り、近鉄吉野駅で解散となります。

旅行代金 9,780円(税込)
・吉野山ロープウェイ往復・吉野ケーブルバス片道ファーストチケット付き
・名物のお弁当付き
・蔵王堂特別拝観券付き
・ミネラルウオーター1本付き
・吉野・旅ともツアーズガイド付き
・全旅・旅行保険料金

ちなみに、ちょうど桜が美しい時期に金峯山寺のご本尊「金剛蔵王大権現」3体のご開帳もあります。

国宝仁王門大修理勧進 日本最大 蔵王堂秘仏本尊 特別ご開帳
平成28年4月1日(金)~5月8日(日)

その他、参考情報として、吉野山の桜 観光情報(楽天たびノート)も参考になさってください。

また、吉野にはすてきな温泉宿もあります。
吉野山で桜と温泉 日帰り温泉でも千本桜が見られるおすすめ宿」でご紹介していますので、ぜひご覧になってみてください。

スポンサードリンク

 - 旅行 ,