ナルのああなるほど

日々の発見とお役立ち

*

洗濯機の黒カビの取り方は?防止はできる? 分解掃除は最終手段

   

洗濯機

ほぼ毎日大活躍している家電「洗濯機」
洗濯機は衣類やタオルを洗濯するものですが、
その洗濯機自体も洗濯する必要があるって知ってましたか?

長年使っていると、知らぬ間に洗濯機には黒カビが発生していることがあります。
洗濯物にワカメみたいなものが不着していたら、洗濯槽の外側にカビがいる証しです!
洗濯機も、ときどきはきれいに洗う必要があるんです。

スポンサードリンク

洗濯機 黒カビの取り方 1

洗濯物にピロピロワカメが付いてしまったら、
それは洗濯機(洗濯槽)を掃除しましょうという合図です!

ドラッグストアなどに行くと、
「洗濯槽クリーナー」といったものが売っていますね。

これには塩素系と酸素系とがあるのですが、
カビを取るには酸素系のものがいいです。

いわゆる酸素系漂白剤(過炭酸ナトリウム)として売られているもので、
液体でも粉でも、それはどちらでも構いません。

洗濯槽に付いた黒カビを取るには時間がかかります。
なので、半日以上、家で過ごす日を選んで取り掛かりましょう。

まずは、洗濯機のスイッチを入れ、
酸素系漂白剤(過炭酸ナトリウム)を一袋入れます。

10リットルに100~150グラムが目安ですので、
一袋では多すぎると思ったら少し減らしてください。

洗濯機のごみネットは、あらかじめ取り外しておきます。

40度ぐらいの温かいお湯を洗濯槽いっぱいに注ぎます。
お風呂の残り湯を熱いうちに入れるのがいいですね。
酵素が活性化されるので、汚れが落ちやすくなります。

そして、洗いのみ、数分行います。
(排水しないよう、洗いのみ選ぶようにしてください)

すると、びっくり!
洗濯機の上にピロピロワカメやゴミ、白っぽい塊などがたくさん浮いてきます。

茶色っぽいピロピロワカメは黒カビ、
そして白っぽい塊は、水垢が剥がれて出たもので、これが黒カビの原因となります。

これを100円ショップで売っているすくい網で取り除きます。

もしくは、針金ハンガーを四角い形に改造し、そこに目の細かい水切りネットを取り付ければ、
使い捨てできるすくい網になるので、それも便利です。
(テレビで家事えもんが紹介していましたね)

このすくう作業、ある意味、ちょっとはまります(笑)

さて、一通りすくい取ったら、再び数分、洗濯機を回します。
そして、そのまま数時間放置!

夜寝る前にお風呂の残り湯で回した場合は、
朝まで放置でオーケーです。

洗濯機 黒カビの取り方 2

放置後、またゴミをすくい取り、
再度洗濯機を数分回します。

スポンサードリンク

この段階で、ゴミや黒カビがまだ浮いているようでしたら、網で取り除いてください。

その後、洗濯機にゴミ取りネットを取り付けて、
すすぎ→排水→脱水まで行います。

脱水後、
洗濯槽の底に残っていたゴミや、ネットに付いたゴミを取り除きます。

再び高水位で洗いを行います。
ゴミや黒カビがまだ浮いているようでしたら、網で取り除いてください。

その後、すすぎ→排水→脱水まで行えば完了です!

お掃除が終わった後の洗濯機で洗濯物を洗うと、
タオルなどは、今までと比べてフワフワに洗い上がります!

洗濯機 黒カビ防止はできる?

洗濯機に付く黒カビ、防止する方法ってあるのでしょうか。

黒カビはそもそも、洗濯の際に残った洗剤や水あかにカビが生えてできたものです。

ですので、洗濯機の中をできるだけ乾燥させた状態で保つことができれば、
よさそうですね。

洗濯が終わったあとは、すぐに洗濯物を取りだし、洗濯機の蓋は開けたままにする。
こんなことで、ある程度は黒カビを防ぐことができそうですね。

特に夜間の寝ている間に洗濯機を回しているご家庭では、
湿った洗濯物が入った状態で蓋を閉めて放置しているので、要注意です。

また、汚れた洗濯物(洗う前の洗濯物)や濡れたタオルなどを直接洗濯機に入れているご家庭は、
いったんカゴなどに入れて、洗う直前に洗濯機に入れるようにするほうがよいでしょう。

ただ、黒カビは洗濯槽の外側に不着するので、直接目に見えないものです。
また、梅雨の時期などは、黒カビが繁殖しやすいです。
やはり2カ月に1度ぐらい、定期的に洗濯機の黒カビ取りはしておいたほうがよさそうです。

洗濯機の分解掃除は専門業者に頼もう!

ずっと洗濯槽の掃除をせずに放っておいた場合、
一度洗濯機を上記の方法で黒カビ取りをしたとしても、
しばらくピロピロワカメが洗濯物に不着することがあります。

これは、表面の黒カビは取れたけども、
厚い層になってしまっていて、中途半端にはがれたものが洗濯物に不着するためです。

2~3日後に付かなくなるようでしたら大丈夫かと思いますが、
引き続き洗濯物に黒カビが不着するようであれば、
洗濯機の分解掃除をしたほうがいいかもしれません。

ただ、大型家電ですし、
万が一、分解して元に戻せなくなったり、壊してしまったりしてもいけないので、
よほど機械に強い人は別ですが、
分解掃除は専門の業者にお願いしたほうがいいでしょう。

そんな大ごとにならないためにも、
やはり普段から、定期的に洗濯機の掃除をしておく必要がありそうです。

スポンサードリンク

 - 暮らし・家事