ナルのああなるほど

日々の発見とお役立ち

*

大学生の一人暮らし アパートと寮 女子ならどちらがいい?

      2016/03/02

一人暮らし

いよいよ春から大学生。
自宅からは遠くて通えず、一人暮らしする大学生も大勢いますね。

特に女の子の場合、防犯など安全面について、
親御さんにとっても心配なことが多いのではないでしょうか。

一人暮らしと一口に言っても、アパートやマンションの部屋を借りる選択もあれば、
大学の学生寮や、民間運営の学生会館に入るという選択肢もあります。

それぞれ、どういった特徴があるのか、ざっとご紹介しましょう。

大学生の一人暮らし

一人暮らしの形態としては、アパート・マンションと、寮・学生会館と、大きく分けて2つのタイプに分けられます。

どちらがいいかは、もちろん人それぞれです。

どういう学生生活を送りたいのか、自炊はできそうか、
予算はどうか、もちろん空きがあるかどうかによっても違ってきますよね。

女の子の場合、最初は寮で2年過ごし、
残りの2年はアパートで一人暮らしというパターンもかなり見受けられます。

その逆は、あまりないようですが。。。

大学生 アパートやマンションでの一人暮らしについて

同じ建物に住んでいる人は、学生や社会人、ファミリーなど、さまざまです。
木造のアパートから、オートロック付きのマンションまで、
部屋の広さも家賃もピンキリです。

アパートやマンションでの一人暮らしの場合、
言うまでもなく、入居にあたっては、
家具や電化製品など、生活に必要なものは全部そろえる必要があります。

そして、食事、洗濯、掃除、買い物、家事一切、すべて一人でやることになります。

門限などはなく、すべて自己責任、自己管理となります。
戸締まりや、夜道を一人で歩いて帰宅するときなど、
犯罪に巻き込まれぬよう、常に緊張感が伴います。
女の子の場合、洗濯物(特に下着など)を外に干すにも注意が必要となります。

熱が出たり、具合が悪くなれば、
自分で薬を買ったり、医者に行ったりしなければなりません。

メリットとしては、
食事もお風呂も、寝る時間も起きる時間も、すべて自由だということでしょうか。

友達をいつでも好きなときに呼んだり、泊めてあげることもできます。
もちろん外泊も自由です。


スポンサードリンク

大学生 寮や学生会館での一人暮らしについて

寮や学生会館の場合、
住んでいるのはみんな学生です。

女子専用のところを選べば、
女の子だけしか住んでいないという安心感はあると思います。

寮の場合は、先輩方から大学のことをいろいろ教わることもできますし、
学生会館の場合は、違う大学の友達をつくることもできます。

部屋の広さはそんなに広くないですが、
家具付きの部屋というのが結構多く、新たに購入するものは少なく済みます。

キッチンは小さなものが部屋に付いているか、もしくは共用のキッチンが用意されています。
多くの場合、食事は食堂で食券を買って食べることができます。
洗濯も、コインランドリーが備え付けてあるところがほとんどです。

体調が悪いときなど、寮母さんや管理人さんに相談できます。
急に何かが必要になったときも、
寮母さんや同じ寮の友達、先輩に貸してもらうこともできます。

ただ、門限が定められているところがほとんどで、
外泊も事前に届が要り、場合によっては親の了承が必要だったりします。

自分の部屋に友達を泊めることはできません。
部屋へ招くときにも許可が必要だったりする場合もあります。

寮では、新入生歓迎会やクリスマス会などといった催し物が行われ、
友達が欲しい人は、そういった会にどんどん参加するととても楽しめます。

おわりに

以上、一人暮らしの住まいについて、
アパート・マンションと、寮・学生会館の場合についてご紹介してきました。

アパート・マンションを選ぶ際のポイントについては
一人暮らしのお部屋 向きは東向き 西向き 北向きでも大丈夫?」でも解説しています。

春からの一人暮らし、楽しいものになりますように☆

よろしかったらこちらもどうぞ
→「大学の入学式 女子の服装はスーツが多いの?バッグはどうする?

スポンサードリンク

 - 大学