ナルのああなるほど

日々の発見とお役立ち

*

カーペットの汚れ クリーニング?業者を呼ぶ?自分で落とす?

      2016/03/11

カーペットの汚れ

いつの間にか付いてしまったカーペットの汚れやシミ。

見た目にも汚いし、放っておくとダニの温床にもなるので、
どうしたものかとお困りの方も多いのではないでしょうか。

掃除機をかけただけではゴミやほこりしか取れません。
カーペットの汚れ・シミを落とすにはどうしたらいいか、
考えてみました。

スポンサードリンク

カーペットの汚れ 落とし方

カーペットに汚れが付いてしまった直後であれば、
自分で落とすこともできます。

1. 汚れを紙や布で吸い取る
2. 油性の汚れの場合は、少量のベンジンを、きれいな雑巾に染み込ませ、
  汚れの中央に向かってたたくようにして拭き取る
3. 台所用洗剤や粉末の中性洗剤を水で十分に薄め、
  きれいな雑巾に染み込ませ、
  汚れの中央に向かってたたくようにして拭き取る
4. きれいな水を染み込ませたティッシュで拭く
5. 固く絞ったきれいな雑巾で完全に洗剤を拭き取る

既に汚れてしまったカーペットだと、こういった方法ではなかなか汚れが落ちません。

カーペットの洗濯表示を見て、もし洗える素材であれば、
カーペットの大きさ厚さにもよりますが、洗濯機に入れて洗います。
大容量の洗濯機がない場合は、コインランドリーなどを利用する方法もあります。
(乾燥機は使わないでください)

洗濯可能な素材で大きさがそんなに大きくなくても、
厚みがあって洗濯機に入れられないようなものは、
少し大変ですが、お風呂場で手洗いという方法もあります。

1. 浴槽にぬるま湯を張り、洗剤を入れて、しばらく浸け置きする
2. 足で踏み洗いをし、汚れを落とす
  (頑固なシミなどは、ブラシを使って落とす)
3. 新たにぬるま湯を張り直し、再び踏み洗いをして洗剤を落とす
  2回ほど繰り返した後、浴槽の縁にしばらくかけて水を切る
4. 水切りができたら、物干し竿にかけてよく乾かす
湿っているとダニの温床となるので、風通しよくしてしっかり乾かしてください。

スポンサードリンク

カーペットが洗濯できない場合は、
クリーニングに出すか、専門の業者に来てもらってカーペットの掃除をしてもらいます。

カーペットをクリーニングに出す

カーペットが何とか自分で運べるようなら、近くのクリーニング店に出すのが一般的です。
お値段は、お店によっていろいろですので、
事前に問い合わせしておくといいでしょう。

クリーニング店によっては、会員特別割引などの特典をもうけているところもありますので、
そういったものを利用するとお得ですね。

自分でカーペットを持っていけないようであれば、
宅配で送るという宅配クリーニングのサービスを利用するのも手です。

ネットで申込をすると、宅配業者が集荷に来てくれます。
出来上がったものは、また宅配業者が配達をしてくれるので便利です。

インターネットで「カーペット 宅配クリーニング」で検索すると、
幾つかヒットすると思います。

カーペットの掃除 クリーニング業者に来てもらう

カーペットの上に大型家具が置いてあったり、大きすぎて外に出せない場合は、
専門のクリーニング業者に直接自宅に来てもらうという方法があります。

これらの業者はカーペットの素材に応じた専用の薬剤や専用の器材を使って処理するので、
仕上がりはとてもきれいです。

金額はそれなりにかかりますが、全部やってもらえるのでとても楽です。

見積も出してもらえますので、
予算が見合えば、こういったところも利用してみるものいいでしょう。

カーペットの汚れ・シミ落としのまとめ

付いてしまった汚れ・シミは、染み込んでしまわぬうちに落とせれば一番ですが、
長年使っていればどうしても汚れが染み付いてしまいますし、
目に見えないダニやカビなども気になりますよね。

特に目立つシミがなくても、
何年かに一度は、上記の方法でカーペットをきれいにしてみてはいかがでしょうか。

また、あまりに汚れがひどく、新しいカーペットに買い替える場合の古いカーペットの処分については
カーペットの捨て方 粗大ゴミ? カットして普通ゴミで出す?」でも書いていますので、
こちらを参考にしてみてください。

スポンサードリンク

 - 暮らし・家事